花嫁を綺麗にみせるウェディングドレス

客観的な意見も大事にして

ひとりでドレスの試着に行ったり、新郎と一緒に行く方が多いですが、断然女性の方と一緒にドレスを見に行くことがおすすめです!男性は特に、色が一緒でデザインやラインのみ違うウェディングドレスはなかなか違いが判らない方が多いです。また、ひとりで行くと客観的に見ることができませんよね。同性の身内や友人など、意見をずばっと言ってくれる人と一緒にドレスの試着に行きましょう。自分が好みのデザインと、自分に似合うデザインは違うものです。客観的に見てもらうことで、自分では目の届きにくい後ろ姿や横からの姿も見てもらうことができます。もちろん、プロであるドレスショップのスタッフに意見を仰いでもOK。しかし、言葉を濁される可能性もあるので、やはりはっきり意見してくれる人と行きたいですね。

とにかく試着してみて!

ふんわりスカートの裾が広がったプリンセスラインから、体のラインが強調されるマーメイドラインまで、ドレスのデザインは本当に種類が豊富です。「これは自分には似合わないのでは…」と最初から決めつけず、いろいろなラインのドレスを試着してみることをおすすめします。似合わないだろうと思っていても、実際に着てみるとしっくりきた。式場の雰囲気にぴったりだと思えたなど、新たな発見をしている新婦も多いです。逆に、かわいいと思ったドレスでも、実際に着てみるとなんだかスタイルが悪く見えたなんてこともありますね。ドレスの色も、真っ白なピュアホワイトから、黄味がかった白のアイボリーまでさまざま。その人の肌の色に合う白があるので、そこも注目したいですね。