人生の門出を心に残る挙式スタイルで

キリスト教式と神前式

挙式スタイルには主に、教会で行うキリスト教式や神社で行う神前式などがあります。
キリスト教式は、教会によっては信者でなければ対応しないケースもありますが、クリスチャンでなくてもホテルや結婚式場に設けられたチャペルで挙式できる人気のスタイルです。進行は牧師により進められ、指輪の交換や証明書へサインをする流れになっています。挙式後にフラワーシャワーやバルーンリリースなどのアフターセレモニーが行われることもあります。
一方、神前式は本格的な場合は神社での挙式になりますが、ホテルや結婚式場に設けられた神殿で行うことも可能です。厳かな雰囲気の中で執り行われる神前式は、新郎新婦はもちろん、両家の絆を深めるということも重視されています。

形式にこだわらない人前式

以前は結婚式は披露宴が重視され、挙式は形式的なものと捉えられることが多かったのですが、最近では自分達らしい挙式をしたいというカップルが増えてきています。そこで、注目されているのが宗教色が少なく形式にこだわらない挙式スタイルである人前式です。
人前式はゲストも挙式に参加することで、アットホームな雰囲気が魅力です。家族や親族、友人などをゲストの前で愛を誓う人前式は、「誓いの言葉」を自分達で考えたりバージンロードを和装で歩いたり自分達らしさを演出することが可能です。指輪の交換の際に、結婚指輪をリボンで通していくリングリレーを招待した人たちの手で運ぶリングリレーなどの演出は、ゲストとの一体感もありおすすめです。